ランジェリー店に一人で入店し、部下のTバックを喜びながら選ぶ男

従順で素直な部下に渡す下着に媚薬を仕込み、セックスをする

下半身はというと、ベージュのタイトスカートが臀部にぴったりと貼りついている。制服が食いこみ、身体のラインがくっきりと浮かびあがっているのだ。私の喉がゴクリと鳴った。私自身の名誉のために言っておくが、意図して小さなサイズの制服を渡したわけではない。あくまで偶然だ。だがそのエロチックな姿態を目の当たりにして、制服の下に息づく由華の裸を想像してしまったのも真実だった。「あの……わたし、どうしたら……」「あ、う、うん。ちょっときついかもしれんが、まあ構わないだろう」「でもピチピチすぎて……」恥らう貌がほんのり上気して、愛らしい。

「今日はお客も少ないだろうし、とりあえずそれで我慢してくれないかな」そして不承ぶしょう支配人室を出ていく由華の色っぽい後ろ姿を見送った。その日はその後、由華の姿を見かけることもなく定時に退社したが、家に帰っても彼女の姿態が脳裏から離れず、その夜私は久々に劣情を妻の腹に吐きだしてしまったほどだった。翌日の午後、私は喫茶ルームで由華の出勤を待ちがてら、遅いランチをとっていた。

ほどなくして由華が現れた。もちろん昨日渡した窮屈な制服に身を包んでいる。「どうだね、職場の雰囲気に馴染めそうかね」「ええ、まあ、なんとか頑張ります……」無理やり制服に押し込めた豊満な肉体と、和風の清楚な貌の対比がいかにも私好みで、眺めていても飽きない。そして私はあることに気づくと少し思案し、繁華街に外出したのだった。「なにか御用でしたでしょうか」「うむ……。これは業務上のことだから敢えて訊くんだが。
働いている人は若い女性が多いんじゃないかと思います。しかし最近は年配の女性も働きやすい神戸の風俗で働くことが多くなっていると聞きます。多くの年齢の幅の女性が働くことができるので、意外とよい職業なんじゃないでしょうか。


最新情報
2015/11/04 注目情報を更新しました。
2015/10/31 新着記事を更新しました。
2015/10/30 スカートを捲り上げてを更新しました。
2015/10/27 ノーパンだけは赦してを更新しました。
2015/10/25 赤面するような下着を更新しました。
2015/10/23 ランジェリー店を更新しました。
2015/10/22 従順で素直な部下に渡す下着に媚薬を仕込み、セックスをするを更新しました。
2015/10/19 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
アット風俗エフスポットFU-TOWN
風俗情報やニュースサイトまで幅広くご紹介する、総合風俗サイトです。独自に取材、撮影した体験取材動画、写真、漫画、女の子のグラビアやインタビュー企画など日本全国の風俗店情報を全て無料でご覧いただけます。